FC2ブログ
山装う季節、昨日から風が冷たくなりました。
荒天の北国は早々に冬を迎え、降雪や積雪の様子が届きます。
皆さん、寒暖の差にご用心くださいね。


今日は早速ですが、カットセミナーのお知らせを。

来る 11月10日(月)、今年最後のカット講習で富山の高岡に伺います。
今回は 「 2014 秋冬 サロンスタイル 」 の応用カットの講習です。
先月は 「 和装アップセミナー 」 でしたので、
今年の秋冬スタイル対応をテーマにするカットセミナーは今回のみとなります。
来週も受講生の皆様にお会いするのを楽しみに、
高岡でお待ちしております!

***************

< 2014 秋冬サロンスタイル カットセミナー >

今シーズンに人気&オススメのサロンスタイルとして
ミディアムとショートのヘアを二点提案します
ビギナーからベテランまで受講して頂ける
誰でもわかりやすい技術でレクチャーします
是非ともサロンワークにお役立てください !!!

日時 ・・・ 平成26年 11月10日(月) 
       正午 より 午後4時 まで

会場 ・・・ 高岡テクノドーム


***************


富山の立山辺りでは、すでに紅葉が終わりを迎える頃でしょうか。
本年ラストの富山訪問が今から楽しみです。
前日には魚津でチョイと早い “ ひとり忘年会 ” を。
三浦さん、美味しい料理を宜しくお願いします。


先月の営業を終え、10月31日に大阪へ移動しました。

紅葉を愛でながら車を走らせようと国道ルートを選びました。
朝からどんよりと空を覆っていた低い雲から昼過ぎに小雨が落ち始め、
戸倉峠を抜ける頃には雨が大粒に・・・
ワイパー越しに紅葉チェックのドライブでした。

平成26年10月31日 戸倉峠

平成26年10月31日 戸倉峠#2

峠や山頂辺りは今週が見頃のようです。

今月半ばに鹿野へ帰る時は里山の彩りが楽しみです。



十五夜の名月、そして十六夜の満月。
すっきり晴れた夜空を明るく照らす月が連日味わえた仲秋の夕べ。
百日紅の花から金木犀の薫りへと移ろう季節を迎えます。


忙しさに筆不精が重なり、久しぶりの更新となりました。
皆様いかがお過ごしでしたか。

いやはやホント、素敵な月夜を愛でることが出来ましたね。
今夏の災害地にも希望の月光が照らされたことを願います。

さてさて、そんな十五夜の月曜日。
秋のカット講習で 富山 に伺っておりました。

恒例の ベーシック(基礎)カットセミナー 、春に続く二回目の講習です。

今回は先ず 二点 の基礎テクニックを。
グラデーションボブ、サイドグラデーションと、基本をしっかり学んで頂きました。
そして、ショートベーシックの理論を織り交ぜた トップレイヤー のショートと、
少し応用的な展開を用いてレクチャー致しました。

いつもと違う会場の雰囲気でしたが、新鮮な気分でしたね~。
最後は少しタイムオーバーしてしまいましたが、
僕はついついアツくなり細かな技術まで提供しました。
受講生の皆様、スミマセンでした。(苦笑)

富山 情報センター

さくら株式会社 様が移転されたのに併せて会場も変わり、
今回の開催会場は 富山情報センター 。
スーツやYシャツ姿の方々が行き交う建物のなかで、
TシャツにGパン姿の僕が浮いてたのは気のせいでしょうか・・・。

2014 ベーシックカットセミナー 秋 富山

2014 ベーシックカットセミナー 秋 富山#2

会場が変わったことにより今回は受講生が少なかったのですが、
そのぶん充実の時間を受講生の方々に過ごして頂けたのではと思います。

いつもながら熱心な受講生の方々に僕も大変刺激を与えて頂いています。
皆様本当にありがとうございます!

次回は 10月6日(月) 開催予定で、会場は 高岡 に移るようです。

講習内容のテーマは 「 和装用アップスタイルの基本 」 !!
受講生の方々からのリクエストにより実現したセミナーです。
新日本髪の基礎理論を実技&展示にてレクチャー致します。
詳細は さくら株式会社 様よりご案内申し上げますので、乞うご期待を・・・。

カットセミナーと同様に沢山の方にお越し頂けますよう願っています。
心よりお待ちしております!


毎々感じ思う事であり、毎々受講生にはお伝えしているのですが、
本当に 「 基本 」 というのは大事です。
自分の仕事に迷いや悩みや苦しみなどを感じたとき、
一旦戻れる場所をきちんと持っているのは、
揺るがない自分の 『 芯 』 や 『 土台 』 を感じられることでもあります。

一所懸命に努力して失敗や成功や喜びや悔しさを歳月と共に何度も経験し、
それらの途中に都度手に入れた “ 気付くこと ” こそが何より大切だと、
今更ながら改めて実感します。

容易く手に入れたモノは、簡単に捨てられるモノなんでしょうね。


日本中が沸いた 錦織 圭 の全米オープン準優勝。

マイケル・チャン コーチが彼に指導したのが、
「 反復練習 」 だったそうです。

積み重ね  削り  塗り重ね  磨き  繰り返し  続ける
そこに表れ残るものこそが  己の歩みと証しです


錦織くんの決勝後の眼差しは、なにかを見つけたように思えます。




日毎に草木の青葉が深まりゆくこの季節。
山の姿が大きく見え、近づいてくるように感じます。
梅雨入りを前に夏を装う景色が広がります。


今週に入り本当に暑い日が続いています。
皆様、熱中症にくれぐれもお気を付けくださいませ。

グランでは窓を全開で暑さを凌いでいますが、
昨日からチョッピリ扇風機も回し始めました。
店外の最高気温は29℃の表示で、鳥取市街地は30℃を越えてるようです。
もちろん、半袖で仕事してます。

そんな暑さの中、来週6月2日の月曜日に富山に伺います。
夏のサロンスタイル カット講習の二回目です。

今回は先月の続編として、ショートスタイルでのレイヤー展開を予定しています。
ボブ系ベースや前下がりグラデーションをベースに、
トップに動きを出すレイヤーのテクニックを様々に活用します。
近年のショートスタイルはトップを高めにフォルム設定するのが人気ですので、
すぐにサロンで役立てて頂ける内容をご用意しています。
特にボク自身も今夏はレイヤーをパワープッシュしていますので、
是非とも皆様にも楽しんでもらえれば幸いです。

富山の皆さん、また沢山の方にお会いするのを楽しみに伺います!


先日、相方のお客様のA様親子が、奈良からグランにお越しくださいました。
はるばる鹿野を訪ねてくださり、山紫苑の温泉を満喫されたご様子。
僕は初対面でしたが、明るくて気さくなお二方と出会え楽しいひと時でした。

そして、グランの為にと、わざわざ花器(壺?)を作ってご持参くださいました。
ご趣味でなさっているとは思えない、ご自身お手製のホント素敵な作品です。
もちろん店内にピッタリなので、早速玄関に飾らせて頂いてますヨ!
( ご本人曰く、ハクション大魔王の壺だそうで・・・笑)

A様、本当にありがとうございます。
遠路お越し頂き、心より御礼申し上げます。
お嬢様にも宜しくお伝えくださいませ。
また是非ゆっくり遊びにいらしてくださいネ。
僕もすっかりお二人のファンになりましたので。

アキヤマさんの壺


明日で今月のグランの営業は終了です。
毎々ながら、予約が取れなかったお客様にはお詫びを申し上げます。

6月は16日(月)・17日(火)と連休を頂き、18日(水)からの営業とさせて頂きます。
皆様にはご了承のほど宜しくお願い申し上げます。
尚、週末のご予約は殆ど詰まっておりますが、平日はまだ空き時間が少しございますので、
髪のお手入れをご予定の方はお早目にご連絡くださいませ。
併せて、7月ならびに8月の予約も詰まってまいりました。
そちらもお早目のご連絡をお待ち致しております。


先日、お客様から 「 年間予約できますか? 」 と聞かれました。
ちなみに、大阪のお客様にも多数聞かれます。
本当に有り難きお言葉で、そうして差し上げたいのはヤマヤマなのですが・・・
ボクが死んじゃってるかもしれないので(苦笑)。

とりあえず次のご予約は 二~三回分! ってなトコでお願いしますぅ~



新緑が眩いこの季節。
生気みなぎる樹々の梢が薫風に揺れています。
鮮やかなツツジが街を優しく彩ります。


ゴールデンウィークも過ぎ、皐月も半ばを迎えました。
皆様ぼちぼち普段のリズムに戻られましたでしょうか。

さて、去る5月12日(月)に富山に伺っておりました。
毎々ご依頼くださる さくら株式会社 様が主催のカット講習です。

今回は 「 夏のサロンスタイル 」 の一回目。
テーマは今夏注目のレイヤースタイルです。
ミディアムレングスをベースに様々なテクニックを交え、
レイヤーの理論と展開をたっぷりとお伝え致しました。

2014 夏のサロンスタイル カットセミナー

毎回お越し下さる受講生の方々、本当に勉強熱心です。
真剣に見つめる眼差しが背中越しにでもビンビンと届きます。

皆さんの技術は本当に高いレベルですので、
僕も毎回安心して眺めており、そして講師としてのプレッシャーを感じます。

受講生の皆さん本当にありがとうございます。
僕も毎々の皆様のご期待に応えられるよう頑張らねば!

2014 夏のサロンスタイル カットセミナー #2

次回の 「 2014 夏のサロンスタイル カットセミナー 」 二回目は、
6月2日(月)に開催致します。
ショートスタイルのレイヤーテクニックをお伝えする予定ですので、
また沢山の方々の受講を楽しみにしております。


我々のような、いわゆる “ 手に職を持つ ” と言われる専門技術は、
日々の積み重ねが自分の仕事の全てに表れます。

それはまるでピラミッドを積み上げてゆくような感じ。

一段ずつ苦労して登りながら丁寧に重ね、
揺るがずに更に高くを望む為には、
土台の裾を広げなければなりません。
そう、基本の土台まで降りて、またそこからひとつひとつを広げ重ねる。


近頃はなんでも “ カンタン ” とか “ 便利 ” で、
スグに手に入れることが良しとされるご時世。
だから、もっとカンタンで便利なものが見つかると、
前のものはスグに捨てられる・・・

本当に大事に大切にするものは
苦労して手に入れたものなのになぁ~