上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014.03.25 ごちそうさん
昼夜に絶え間なく届く 河内(こうち)川の流れの音。
雪解けの水が勢いを増して日本海へと注がれてゆきます。
梅、桃、山桜が彩る里山に鶯の音色が華を添えます。



いよいよ春も本番を迎えました。
黄色い菜の花が可愛らしく春風に揺れていますね。
花粉症の方々にはツラい時候と存じます。
どうぞ頑張って乗り切ってくださいね。
ちなみに、僕はアレルギー等々全く無いので・・・
そのツラさがわからないんです、花粉症などの皆様ごめんなさい。


昨日は少し早めに仕事が終わったので、
定休日前夜恒例の楽しみにしている夕食へ。

僕にとっては鹿野生活に必要不可欠的存在である、
いつもの居酒屋、タクちゃんトコです。

この先週末は二日とも海が凪いでいたようなので、
良い魚などが入っているのではと期待して伺いました。

個人的にはあまり知られたくないので、あえて店名は伏せます、スミマセン。
タクちゃんには了解のうえ、料理の画像のみ公開させて頂きます。
(グランの顧客様は皆さんご存じかと・・・笑)

ではでは、本邦初お披露目の至福の逸品料理をご覧あれ!

平成26年3月24日 お刺身各種

↑ アジ、カンパチのお刺身に、オニエビ、タコ、貝柱、ホタルイカのお造り!
どれもこれも活きが良く新鮮で美味~いっ!
アジは歯応えのあるしっかりとした身で臭みも全くございません。
オニエビはさっきまで動いてたらしく、頭も尻尾も力を入れねば離れません。
ホタルイカは富山のモノと比べると小振りですが、身が締まって甘くて最高。
お刺身やお造りは、先ずは歯応えから頂くもんなんですネ、ほんと。

平成26年3月24日 鰈の煮付

↑ カレイの煮付。
厚みのある白身に煮汁が程良く沁みてコレまた最高。
子も甘くって美味いッ!
タクちゃん得意の煮魚は超オススメですよ!!

平成26年3月24日 鰰の焼き

↑ ハタハタ(生です)焼き。
脂のノったプリプリの身にハタハタの旨味がギュッと閉じ込められて美味!
頭からカブりつきで尻尾の先まで骨ごと味わえます。
鳥取のハタハタはホンマに美味しいですね。

鬼海老の頭焼き

↑ お造りで頂いたオニエビの頭を焼いてもらいました。
もちろん、ガブッと一気にバリバリと頂きます。
海老の風味が芳ばしく、ミソと相まってコレがまたウマいんだなぁ~!
ただし、食べる際にはトゲトゲにご用心を。

フライもの 各種

↑ これもタクちゃんトコ名物の フライもの各種。
アジ、サワラ、エビと、どれもオススメの美味さ!
更にオススメなのが、タクちゃん特製のタルタルソース。
自宅用に売って頂きたいほど、とっても美味しいソースなんですヨ。
ちなみにこのアジ、上のお刺身と同じく活き活きのモノなんですって。
で、お味はもちろんホクホクの身で最高です!

いやはやホント、いつもながら至福のひと時を愉しませて頂きました。

満足と満腹で幸せに満たされ、歩いて帰る河内川沿いで夜空を見上げて、
春の香りにほんのり包まれ、やわらかな風を感じるのも嬉しいものです。
(そこそこ酔っ払ってるからかナ?!)

タクちゃん、ごちそうさん!
いつも本当にありがとうございます。
僕に元気を与えてくれる、超お気に入りの料理デス!!



「 あまちゃん 」 の流れで、 『 ごちそうさん 』 も見ています。

“ 食べる ” ということの大切さを主に、時代背景は大正から昭和へと、
戦前戦中戦後の移り変わり激しい時を生きる、様々な展開のお話です。
ともすれば重くなるストーリー性を、“ 持ちやすい重さ加減 ” で描きつつ、
時に快活に、時にはほのぼのと、テンポ良い味のある脚本が僕は好きです。


いつの世も 生きる つまりは 食べる こと。


恵まれた時代に、恵まれた環境に、今の自分が満たされていることに、
つくづく感謝しなければなりません。


スポンサーサイト
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。