冷たく強い風の音で目覚めた夜半。
色付き落ちた葉が舞い、樹々は幹も枝もあらわに冬すがた。
山陰や北国から雪の便りが届きます。


この冬一番の寒気がやってきましたね。
温かい鍋の出番が増えそうです。
皆様どうぞ風邪などにご用心くださいませ。

さてさて、前回の続きです。

郷里の墓参を終え伊勢に宿泊した翌朝。
目的のお伊勢参りに行きました。

もちろん、先ずは外宮から。
僕はこの外宮がお気に入りです。

豊受大神宮

外宮 表参道

道の真ん中は神様の通り道。くれぐれも中央を歩かずに。

外宮 鳥居

鳥居は神様のお住まいの玄関口。必ず一礼してから入ります。

外宮御正宮

式年遷宮の清らかな社殿に移られた、豊受大神宮(外宮)の御正宮です。

外宮 周辺風景

外宮 周辺風景#2

大木の傾きを支え大切にしています。

旧 外宮御正宮

前回に参拝したのが、こちらの旧御正宮。
扉が奥まで全て開けられているので、今だけの貴重な眺めですよ。
間もなく解体されるのでしょうね。

外宮 周辺風景#3

外宮 帰路の鳥居

帰り道も振り向いてから御礼の一礼を。

外宮 周辺風景#4

駐車場の手前を左手にちょいと散策していたら、こんな大木がありました。
前にかがんでいる方と比べれば、その大きさも判って頂けるかと思います。

外宮 周辺風景#5

このところ気に入っている(笑)下から仰ぐアングル。
青空に映える山吹色の紅葉がとてもキレイでした。

解体

ちなみにこちらは解体中の多賀宮(たかのみや)の旧社殿。
これらの材木は神宮各所に再利用されます。
決して無駄にしない、今で言うリサイクルやリユースですね。


続いて、内宮へ向かいます。

やはり伊勢神宮のメインである内宮、平日なのに沢山の人出です。

宇治橋 鳥居

普段はこの宇治橋前の駐車場にすんなり停められるのですが、
近場は満車だらけで結局は猿田彦神社に車を預けました。

皇大神宮

内宮 庭園


小春日和に恵まれ、清々しい気分に満たされます。

内宮 鳥居

内宮 周辺風景

別宮もありますから全て参拝されると良いと思います。

内宮 御正宮

御正宮の撮影は石段の下から。
この上からは写真はもちろん、携帯電話も控えましょう。

旧 内宮御正宮

旧 内宮御正宮#2

前回に参拝したのはこちら。
また20年後には、この場所に清々しい社殿が建てられます。
次の遷宮年も参拝出来るといいなぁ~。
そのまた次の40年後は・・・89歳か。
そりゃチョット無理かナ?


日本の総氏神であられる皇大神宮。
どうかこの国の永久の安寧をお守りくださいませ。


おはらい町通り

おはらい町通り ファミマ

帰路にお約束の おはらい町通り や おかげ横丁 へ。
いやはやホント、午後3時を過ぎても人出が多くてビックリです。
通りに唯一あるコンビニ、ファミマの看板もこんな感じ。

遷宮で賑わう伊勢の街、お正月にはかなりの混雑ではないでしょうか。
初詣はお伊勢さんへとお考えの方、くれぐれもご覚悟を。


出雲そして伊勢と、それぞれの遷宮の清々しい神様に参拝出来ました。
本ブログを閲覧頂きました皆様にも、その空気を味わってもらえれば幸いです。

勝手ながら鹿野の営業日と大阪の勤務日の両方で連休を頂き、
お客様には予約が取りにくくてご迷惑をお掛け致しました。
年末まで頑張りますので、何卒宜しくお願い申し上げます。

併せて、おかげさまでグランの年内営業日のご予約は満了となりました。
髪のお手入れをお考えの方は、恐れ入りますが新年明けてのご予約になります。
ご了承くださいませ。







え?
食べ物ネタは無いのかって!?

ハイハイ ございますデス。


すし久 てこね寿し

おはらい町通りの老舗 『 すし久 』 さんの てこね寿し。
てこね寿しはカツオのヅケ丼のような感じで、伊勢うどんと並び伊勢の名物です。
そうそう、すし久さんは ひつまぶし もオススメですね。

ちなみに前回の 虎丸 さんの てこね寿し(最後の画像)はブリのヅケ盛り。
虎丸さんでは当日の魚のネタによって変わるらしく、
元々は漁師さん達がその日に獲れた魚を色々混ぜて食していたモノだそうです。

どちらも美味しかったですよ。
伊勢に行かれるなら是非お試しを~!


スポンサーサイト
Secret