街路樹の下に敷き詰められた黄色い絨毯。
夜からは煌めくイルミネーションに彩られます。
冷たい風がビルの間を通り過ぎる御堂筋です。


師走に入り、慌ただしい雰囲気ですね。
景気が上向きなのでしょうか。

先月末の鹿野での営業を終え大阪への移動日に合わせ連休を頂き、
父母の郷里へお墓参りがてら伊勢詣でに行ってきました。
伊勢と出雲が同時に遷宮を迎える年は60年に一度。
僕にとっては最初で最後の一回だけしか巡り会えない年です。
この機会に是非ご利益に肖ろうと、今年は両方を訪れました。

父母は同郷の同級生で、互いの実家はバス停3つの距離。
双方の墓参を一度で立ち寄れるので僕には有り難いことです。

大石 波多瀬橋を望む

↑ 流れているのは 櫛田川(くしだがわ)。
中央の橋が 波多瀬橋(はだせばし)で、右角の高い山が 白猪山(しらいさん)。
母方の墓地から父方の実家を望む景色です。
小学生の頃は休みの期間の殆どを帰省して過ごすほど郷里が好きで、
春、夏、冬と、季節を問わず野や川で遊び呆けていました。
もちろん、宿題は始業式前に駆け込みで仕上げる始末。

鹿野の地にめぐり逢いグランの場所として選んだのも、
この郷里での思い出の影響が大いにあります。

三重県松阪市大石町から櫛田川に沿って飯高、そして高見峠方面へと、
四季折々の渓谷の景色を楽しむことができますので、
機会あれば皆さんも是非訪れてみてください。

墓参を済ませ、夕陽のなか今宵の宿泊地の伊勢市へ。

晩御飯はお目当ての 『 虎丸 』 さん。
以前に母を連れて伺った、お気に入りの居酒屋さんです。
伊勢の新鮮な魚介類を中心とした料理が有名です。

虎丸

↑ 蔵の外観で、入り口は右横。

虎丸#2

虎丸#3

虎丸#4

虎丸#5

虎丸#6

虎丸#7

虎丸#8

虎丸#9

虎丸#10

こだわりの素材が味わえる、間違いナシの料理の数々。
アレコレは申しませんので、画像にてお愉しみくださいませ。

伊勢で晩御飯を求めるなら、先ずはコチラを訪れてみてください。
予約は必ずされることをオススメ致します。

『 居酒屋 虎丸 』
三重県 伊勢市 河崎 2-13-6
TEL 0596-22-9298
営業時間 / 17:00 ~ 22:30 ネタが切れ次第に閉店されます
定休日 / 毎木曜日  ※ 良い魚が入荷出来なかった日は休まれるそうです


美味しい料理と地酒を堪能し、翌日はお伊勢さんに。

その模様は次回にご紹介しますね。


今回、グランを開店してからは初めての墓参でした。
近況を父に報告。
「 来る3月には、おかげさまで二周年を迎えます。 」


この水曜日には齢(よわい)を重ね、父の享年と同じ年齢になります。

49年と8か月の人生だった父。
46歳を過ぎてからは癌と共に生きる日々でした。

もし自分の生涯が残り8か月と考えると、
やはり父の死は今更ながら早過ぎるように思います。

父は何を想いこの世を去っていったのだろう・・・





ぼくは  まだまだ  やりたいことが  あります




スポンサーサイト
Secret