冷たい雨と風が訪れた日曜日。
落ちた樹々の葉が濡れた道を彩り覆っています。
赤、黄、橙、色紙で描くちぎり絵を思わせます。


少しずつ冬の扉が近づいていますね。
風邪が流行っているようですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。

去る11月の4日と5日、カット講習の仕事で富山に行っておりました。
鳥取と同様に大阪と比べ朝晩は寒いくらいの富山でしたが、
日中は穏やかな陽射しが心地好かったです。
立山連峰の稜線はすっかり雪で描かれていました。

4日の夜は高岡でのイン・サロン セミナーに伺いました。
ベーシックコースのいよいよ最終回です。
朗らかなスタッフの皆さんにお会いするのを楽しみに訪れる、
高岡のサロン 『 ディーフィー 』 様です。

IN SALON カットセミナー 高岡 平成24年11月4日

IN SALON カットセミナー 高岡 平成24年11月4日#2

IN SALON カットセミナー 高岡 平成24年11月4日#3

いつもながら皆さんの熱心な姿勢に感服します。
きっとサロンの営業もこのような雰囲気で、
楽しさと熱意でお客様方に接しておられるのでしょう。

IN SALON カットセミナー 高岡 平成24年11月4日#4

IN SALON カットセミナー 高岡 平成24年11月4日#5

IN SALON カットセミナー 高岡 平成24年11月4日#6

今回がベーシックコースとして最後のテーマでしたので、
サイドグラデーションとベーシックショートの二点をレクチャー。
どちらもサロンでは多用されるカット理論です。
応用範囲の広いテクニックですのでしっかりサロンワークに活用頂き、
スタッフ皆さんで共有出来るカリキュラムに役立てて貰えれば幸いです。
この度はセミナーをご用命くださり、誠にありがとうございました。
ディーフィーの皆様の更なるご活躍とご発展を祈念致しております。
また来年も引き続き応用コースでお会い出来ると嬉しいです。
皆さん約1年間のベーシック講習、本当にお疲れ様でした!


思うに・・・基礎カット理論は本当に大切です。

技術のベース(土台)がきちんと身に付いていること、
それはつまり自分の仕事の結果や課題が明確に判断出来ることに繋がります。
その場の行き当たりばったりで仕事をすると、
スタイルを作るまでの意図とした行程や流れがバラバラで、
出来上がりの 「 理由 」 がハッキリしません。
お客様が次にまたお越し頂いた際に自分の仕事の成果が見られるのですが、
思い付きでたまたま良いスタイルになっていた場合では、
「 前回と同じで 」 とお客様に言われても自分の技術を再生出来ません。
きちんとひとつひとつを反芻しつつ新たな工夫も取り入れ、
自分自身の反省点と更なる課題を見つめてゆくのが大事なのだと思います。
何よりも基本の芯がしっかりしている技術だからこそ、
自分の進むべき仕事の道筋がブレないのではないでしょうか。
少なからず僕は自分に毎日そう問い掛けつつ、
まだまだ稚拙な技術をもっと精進してゆかなければと痛感しています。


さて、翌5日の月曜日は富山での講習でした。
先回の10月は台風の影響で伺えず、あえなく中止になってしまったので、
今回はテーマを二回分まとめての内容です。

2012 秋 サロンスタイル カットセミナー 富山

2012 秋 サロンスタイル カットセミナー 富山#2

一点目には ミディアムレングスのローレイヤー を。
皆さん毎々参加してくださっている、本当に勉強熱心な方々です。
僕も順調に講習を進めることが出来るので安心で嬉しいです。
カットモデルは今回も春に引き続き、ユキエさんにお越し頂きました。
伸ばしてゆく途中としてのスタイル提案を設定しましたので、
ミディアムのフォルムをどう変化させてゆくかがポイントです。
ボブから伸ばしているお客様に適したテクニックをレクチャーしました。

2012 秋 サロンスタイル カットセミナー 富山#3

2012 秋 サロンスタイル カットセミナー 富山#4

続いて二点目はラウンドカットを用いたショートスタイルを。
近頃ショートスタイルもお客様からのオーダーが増え人気の傾向です。
芸能人やモデルの方達もけっこう短くなってますもんね。
そろそろロングの巻き髪に飽き始めているのかもしれません。
ショートのちょっとマニッシュな雰囲気が新鮮に見えるのかも。

ちなみに今回のセミナーでは要所要所に < ラウンドテクニック > を用い、
サロンスタイルでの応用として “ 感覚的 ” な内容をレクチャーしました。
富山での講習では今までに無かった技術理論の要素です。
つまり「 言葉で説明しにくい部分 」 ですね。
自分の頭の中でスタイルを描く上では、微妙なラインやフォルムがあり、
角度やスライスなど直線でつくるカット理論だけでは表現しにくい、
丸みや重みの繋がり等の手仕事ならではの部分があります。
毎々お越しくださっている皆さんは殆ど直線の技術を習得されているので、
今回は新たなステップへの始まりとしてレクチャー致しました。
来年の富山でのカットセミナーでは更にその “ 感覚 ” の部分に踏み込み、
皆さんと共に次なる課題へとチャレンジしてゆきたいと思います。

富山の受講生の皆さん、そして主催の さくら株式会社 様、
今年もお世話になり、本当にありがとうございました。
また来年も皆様にお会い出来ることを楽しみに致しております!


今日は久々に丸一日のオフ。
もうすでに陽が随分と西の空に落ちてきました。
茜に染まり始めています。

秋の夜長はちょっぴりせつない想いになります。

スポンサーサイト
Secret