激しい雨と風に木々が大きくしなって揺れています。
大阪も久しぶりに台風らしい暴風雨に見舞われました。
自然の力の前に人間の無力さを痛感します。


お陰様でグランでは9月の営業も全日予約満了にて終えました。
ご来店くださいました皆様方、ありがとうございます。
美容師冥利に尽きる喜びを感じ、心より感謝申し上げます。

10月も随分と予約が詰まっておりますので、
お早目にご連絡頂くことをオススメ致します。
何卒宜しくお願いします。

さて、今回は先日のグラン定休日の際に伺ったお店を紹介します。

お客様のマリさんから伺い、他のお客様からも多々噂を聞いていて、
前から気になっていたレストランにようやく行ってきました。

トラットリア 伊谷屋 #9

『 トラットリア 伊谷屋 』 さん。
鳥取市の下段集落にある、古民家を利用したレストラン。

噂通り自力では辿り着けず、近くからお店に電話しました。
駐車場もハッキリ言って草むらです。(お店の方もそう説明されてましたので…)
急な階段の坂を登り(足元要注意)民家の脇を抜けるとお店があります。
ちなみに帰路は舗装された道でゆっくりと廻り込んで降りました。

トラットリア 伊谷屋 #8

土塀や門構えから漂う、まさしく歳月を重ねた味のある古民家。
マリさん曰く、「 おばあちゃんち 」 に遊びに来たような懐かしさです。
玄関脇には可愛らしく控えめに看板がありましたよ。
お店の方に案内され縁側を通って座敷の部屋へ。
遅い時間でお願いしたランチでしたので、どうやら貸切状態のようです。
しばし庭を眺めていると、ほどなく一品目が出てきました。

トラットリア 伊谷屋

野菜のミネストローネ スープ。
オクラや豆、きくらげ、どれもが優しい味で、お腹に柔らかく沁みます。
このお店の雰囲気らしい、穏やかな気持ちになれます。

トラットリア 伊谷屋 #2

茄子を使った冷製パスタ。
オリーブオイルにチョッピリ効いた塩加減。
さっぱりサラッと頂ける、あたかも素麺や冷麦のような感覚で、
茄子もとっても美味しかったですね。

トラットリア 伊谷屋 #3

パンも小麦の香りと仄かな甘味が好ましい、ふんわりとした歯応え。
思わずパクパク食べてしまって最後まで残りませんでした。

トラットリア 伊谷屋 #4

ニョッキのトマトソース和え。
もっちりとした食感と爽やかなトマトの味が心を和ませるひとしなです。

トラットリア 伊谷屋 #5

野菜のペペロンチーノ パスタ。
いやはやホント、野菜の旨味が実感できて美味しかったぁ~。
個人的には大盛りでお願いしたかったデスね。

トラットリア 伊谷屋 #6

メインで出たのが、ヒラメのフリッター。
トマトソースと半熟たまごを混ぜつつ、フリッターにからめて頂きます。
いやもう素晴らしく美味しい!
これも出来るなら大盛りで頂きたかったデス。

トラットリア 伊谷屋 #7

デザートはコーヒー風味のプリン。
甘過ぎず大人の味わいでしたよ。
幸せいっぱい、ごちそうさまでした。

どれもが優しい味に料理されている印象でしたね。
女性にはランチとしては充分の量で、きっと満足されることと思います。
鳥取産の有機野菜、魚も地物、卵は鳥取で有名な 「 大江のたまご 」 と、
食材もしっかり厳選され、地産地消にこだわっておられるようです。
この内容と味と量と落ち着いた環境で、ランチ ¥1,600 とは結構お得です。
今度はディナーでも訪れたいなぁ~。

マリさん、ありがとうございました。
また食いしん坊情報を宜しくお願いします。

大人の静かで穏やかな食のひとときを過ごしたい方は是非どうぞ。

『 トラットリア 伊谷屋 』
〒 680-1414 鳥取県鳥取市下段532
TEL 0857-30-4877
完全予約制 不定休 (確か…小学生以下のお子様は不可です)



最後におひとつオマケを。
メインの料理にも使われた 「 大江のたまご 」 。
帰り道にドライブがてら訪ねてみました。

詳しくはこちら 『 大江ノ郷自然牧場 』 をご覧くださいませ。

大江ノ郷

スポンサーサイト
Secret