2012.05.05 立夏
雲の隙間から覗く青空。
連休の緩やかな街を時折照らす眩い蒼です。
夏の扉が少しずつ近付いてきました。


皐月の始まりは大阪での仕事。
先月の通勤時に見た景色がすっかり様変わりしています。
毎年楽しみにしていたコブシの街路樹は若葉に覆われており、
ハナミズキはすでに満開を迎えました。
たわわな八重桜を見逃した今春は、まるで浦島太郎になった気分です。

鹿野から大阪へ移動すると、
なぜか無性に食べたくなるものがあります。
鳥取は海の幸に恵まれた所で殆ど魚を主に選ぶ食生活なので、
大阪では正反対の食事を身体が欲求するようです。

ドミノピザ

↑ そう、ピザです!
不思議とチーズ系のモノがやたら食べたくなるのですね、コレが。
大阪に着いた日、あるいは翌日には必ず宅配ピザを注文してしまいます。
レギュラークラストのしっかりもっちりした歯応えが好きなので、
定番は・・・何と言ってもドミノピザ。
ワインと一緒にガッツリと!
これはコレで小さな幸せを感じています。

鹿野や浜村にイタリアンのお店や宅配ピザ屋さんなどがあれば、
絶対に流行ると僕は勝手に思ってます。
海や山の幸に恵まれ、野菜など豊かな食材の宝庫でもあるこの地域で、
ひとつひとつの料理を丁寧に提供する大人の為のレストランがあれば、
鳥取市街地の方はもちろんのこと関西からも絶対に噂を聞いて来るハズ…。
地産地消、有機野菜、季節ごとの豊かな果物、安心出来る材料、美味しい水、
それら現代の“食”に対する主流のカギとなるものがすべて揃う条件こそ、
鳥取が世に誇るべきポイントでしょうね。

シェフのどなたか是非とも鹿野および鳥取にお店を始めてください。
常連客は間違い無くここにひとり居ますよぉ~。


今日は暦のうえで 『 立夏 』。

そして明日は大潮の満月です。

鹿野の夜に蛙の声が響く季節が来ました。


スポンサーサイト
Secret