はじめに

去る10月21日(金) 鳥取中部地震 の際に、
大阪のお客様方や友人達など沢山の方々から、
ご心配くださる連絡を頂きました。
この場を借りて厚く御礼申し上げます。

また、中部地域で被害に遭われた方々には、
心からお見舞い申し上げます。

地震により亡くなる方が無かったのは幸いでしたが、
十日経った現在も約500人ほどが避難生活をされているようで、
湯梨浜や三朝、倉吉、北栄などの中部地域ではあちらこちらに、
ブルーシートの張られた家々が見受けられます。
そのような方々が一日でも早く元の生活に戻れますように、
そしてこれ以上の被害にならないことを願っています。

おかげさまで、グランも、鹿野も、鳥取東部地域も、
至って普段通り生活し元気に過ごしております。

これからは山々が装い、紅葉に最高の時期ですし、
ズワイガニ漁も解禁になり観光シーズンを迎えます。
このブログを閲覧くださっている県外の皆様へ。
こちら変わらず平素の穏やかさに戻っていますので、
また鳥取へ是非お越しください。


さて、10月のとある日。
所用で鳥取市街に行く為に時間を空けていたところ、
その前のお客様が施術変更になり随分と空き時間が出来ました。

ならば、先日のBS3ch 「 こころ旅 」 で 火野正平 さんが チャリオ と共に来た、
若桜町に寄ってから所用を済ませようと思い、
ひとまず吉岡から河原へ抜け船岡のバイパスを使って国道29号へ。

岩屋堂

重要文化財指定の 「 不動院岩屋堂 」 です。

国宝 三徳山三佛寺投入堂 に似た、岩窟内に建てられたお堂です。
投入堂は登らないとこんなに近くで拝めませんので、
チョイと観光がてら眺めるには岩屋堂の方がイイでしょうね。

岩屋堂#2

岩屋堂#3

火野さんが来たから、きっと観光客が多いんだろうなぁ~と思ってましたが・・・
僕が居る間は誰も来られず貸切状態でしたね。
小さな川の谷合に、厳かにひっそりと佇む岩屋堂。
まだ訪れたことが無い方は是非ご覧あれ。

鳥取市街に出て所用を済ませ、まだ時間があったので、
以前から行きたかったお店に足を向けました。
お客様方から聞いていた、鳥取の隠れた名物 『 素らーめん 』 を!!

武蔵屋食堂

老舗のうどん屋さん(?!) 「 武蔵屋食堂 」 さんです。
駅から県庁の間にある二階町の交差点を東に入ってスグ、
丸福珈琲さんの角を曲がったところですネ。

武蔵屋食堂 素らーめん

初めての 『 素らーめん 』 、なかなか美味いっ!
素ラーメンって・・・なんじゃそりゃ?と思っている皆様、
つまり 素うどん のラーメンバージョンです。
麺は自家製で国産小麦(鳥取産かな?!)を使われており、
もちもちとした食感が うどん出汁 に妙にマッチしてます。
天かす、もやし、ネギ、かまぼこ、というシンプルな具材構成だからこそ、
さっぱり軽めに味わえますから、出汁まで完食してしまいましたヨ。
コショウをちょびっとかけてみましたが合わず、七味をかけたら相性ヨシ。
やっぱりベースは うどん ですわ。
不思議な味わいですが、僕は結構お気に入りデス♪
お酒を呑んだ帰り道で小腹を満たしたい時、とんこつ系のラーメンなんかは重いし、
カロリーや塩分が気になりますから、そんな時に 素らーめん はイイでしょうネ!

次回は カツ丼 と 半素らーめん にしてみます。
カツ丼は牛カツだそうで、半素とはハーフサイズのこと。
常連の方達は皆さん、丼物と半素の組み合わせでしたねぇ~。
鳥取市役所の食堂にある 素らーめん もよく聞きますので、
そちらも是非食べ比べてみたいですね。
お若いお客様に 素らーめん を聴いたら、殆どの方がご存じ無いとのこと。
みんなでもっと 素らーめん を盛り上げましょ!
僕はかなりオススメです。



いつもとおなじ時間が流れ

いつもとおなじ景色を眺め

変わらぬ普通の毎日を暮らせることが

いちばん大事な幸せだと

あらためて感謝しています




スポンサーサイト
Secret