FC2ブログ
霰を連れ吹き抜ける北風。
春雷と名残り雪が季節の変わり目を告げます。
樹々の新芽が膨らむ三寒四温です。


新型コロナウイルスの影響が心配な毎日ですね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
感染予防と拡散防止が最優先の状況ですが、
早期収束と共に普通の日々が訪れる事を願います。

そんな中で出掛けるのは戸惑いましたが、
昨年から予定していた事もあり、
相方の誕生日祝いを兼ね福井県を訪れました。
都道府県各一泊 & 一の宮参りです。

天候に恵まれた初日は先ず小浜方面へ。
若狭国一の宮 若狭彦神社(上社)です。

2020031612352478f.jpeg

20200316123834b35.jpeg

202003161239261b0.jpeg


清々しい空気が漂う参道。
暖かな陽射しの中を鳥の囀りが響きます。

20200316124058265.jpeg

2020031612400973b.jpeg


手水舎は天然の湧き水。
社殿はひっそりと時間が流れる趣きで、
心地良さに心が鎮まる境内。
川沿いの谷間の里山集落に佇む神社です。
こういう神社、僕は好きだなぁ〜。

続いて向かったのが 若狭姫神社(下社)。

2020031612422487c.jpeg

202003161243111af.jpeg

202003161244177fe.jpeg


御神木の千年杉に自然と頭(こうべ)が垂れます。
この境内も落ち着いた雰囲気でしたね。
本来なら参拝はこちらの下社から詣でて、
次に上社を詣でる順番が好いそうですヨ。

この後に三方五湖で鰻を昼食の予定でしたが、
時間が無くなりそうだったので予定変更し、
次の一の宮を目指し敦賀市へ。
昼食に ソースかつ丼 を食べたかったのですが、
生憎お目当ての ヨーロッパ軒 はお休み…(涙)
ならば!と、福井(越前)名物のおろしそばと、
ソースかつ丼の両方とも食べる作戦に。

20200316124834996.jpeg

20200316124608556.jpeg

20200316124712de4.jpeg

2020031612480050a.jpeg


敦賀市の 千束(ちぐさ)そば さん。
少し甘いタレのソースかつ丼は、意外にサクサク!
見た目に反してサッパリした美味しさ。
おろしそばも辛過ぎずスルスル食べられます。
風味良く喉越しも良い蕎麦でしたヨ。
相方の五段蕎麦も、色々味わえて楽しいです。
満足&満腹の昼食でした!
千束さん、ご馳走様でした。

お腹も満たされて午後から後半の旅へ。
ですが、ひとまず今回はこの辺りまで。
この続きは次回にご紹介しますネ。

小浜や敦賀の若狭湾辺りは海と山が近く、
食の豊かな風土ですね。
道の駅にも様々な食材やお土産が沢山あり、
アレもコレもと目移りしてしまいます。
相方は案の定、爆買い状態でした。(笑)
鳥取とはまた違う魅力に出会えました。
皆様も是非どうぞ!


齢(よわい)を重ねるほど、
'' 八百万の神々と共に暮らしている ''
そう想えるようになってきました。
神様にお祈りすることはずっと同じです。


安寧 平穏 豊穣

和やかな毎日がなによりです

スポンサーサイト



屋根の音を鳴らして跳ねる霰(あられ)。
今冬にようやく降った雪が少し残っています。
暖冬とはいえ春はまだ浅いようです。


昨夜に鹿野へ一旦帰りました。
夜の到着時の気温は -2℃ !
久々に真冬らしい冷たさを感じましたね。
キリリと冷えた空気に満月が明るかったです。

さてさて、昨年の秋から遅筆していた四国紀行。
今回は今更ながら最終日の模様を。(苦笑)

弓削島のフェスパさんを後に向かったのは、
四国エリアのラストに訪れる愛媛県の一の宮。
そう、伊予国ですね。
大山祇(おおやまづみ)神社です。

20200210125452c08.jpeg

20200210125533be1.jpeg

20200210125654a53.jpeg

2020021012573612e.jpeg

立派な総門は2010年に再建されたそうです。

20200210125837c50.jpeg

20200210125914d42.jpeg

パワースポットとしても有名なこの神社。
シンボル的な大楠の数々が見事です。
悠久の刻の流れを見守ってきたのですね。

20200210125948d02.jpeg

20200210130031a9b.jpeg

本殿はどっしりとした趣きで、
落ち着いた気持ちになります。

2020021013012241f.jpeg

202002101302398f0.jpeg

ひとしきり参拝を済ませて境内の横手に廻り、
国宝の展示館や海事資料の展示物を拝観。
なんとこちらには国宝が八点もあります。
重要文化財も山盛りです。
日本史の授業の教科書で憶えた名前、
逸話や物語などで知った人物、
映画やTVドラマの主人公や登場人物などなど、
これらの人たちが実在していた事に改めて感動!
長い歴史の深さと重みを感じます。

しまなみ海道を訪れる際には、
是非ともお立ち寄りをオススメ致します!

午前中に大山祇神社を堪能し、
午後からも引き続き好天に恵まれたので、
四国紀行の締めとして亀老山展望台へ。

20200210130401b4d.jpeg

20200210130448cbe.jpeg

20200210130549139.jpeg

20200210130659ca5.jpeg

20200210130741cc4.jpeg

2020021013083331e.jpeg

瀬戸内を360度見渡せる 亀老山展望台 。
日本全国を知り尽くす稲垣氏が勧めてくれました。
来てヨカッタァ~~!
本当に素晴らしい眺めです。
こちらも しまなみ海道観光の際には是非!!

20200210131204d25.jpeg

旅の最後に訪れた、道の駅 多々羅しまなみ公園 。
海辺からの多々羅大橋も素敵な眺めでしたヨ。
お土産を購入して、沢山の思い出と共に鹿野へ。
大満足の秋休みを過ごさせて頂きました。

香川県から高知県、そして愛媛県と、
念願の ぐる~り四国周遊 の旅でした。
限られた時間のなかでの慌ただしい行程でしたが、
少しでも皆様がお愉しみ頂けましたなら幸いです。
いずれの地も各々の魅力と味わいがあり、
風土から生まれ根付いた文化や歴史を感じました。
で…今年は何処に行こうかと模索中です。
旅行って考えてる時から始まってますもんネ。

何よりも肌で感じる土地の空気が、
旅の最高の御馳走です。
様々な情報が簡単に手に入る時代ですが、
赴かなければ得られないものこそ、
自分自身で手に入れる宝物だと僕は思います。


風や土や木々の匂い
出逢う人々や街の佇まい
日々移ろう空や海の彩り

さあ みなさん 春がくれば おでかけしましょ


2020021013181303b.jpeg


謹んで新年のお慶びを申し上げます。

昨年は筆不精の当ブログにお付き合いを頂き、
誠にありがとうございました。
相変わらずの気まぐれな更新ですが、
本年も変わらずご愛顧を賜りますよう、
何卒宜しくお願い申し上げます。

昨年の11月後半から年末まで、
なんだかバタバタと刻が過ぎてしまい、
気付けば年越しを迎えたという感じです。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

大晦日から恒例の年越し宴会をしました。
が…
僕は後半部分からの記憶が途切れ途切れで、
除夜の鐘をついたのに覚えてません。
美味しい日本酒をアレコレ飲み過ぎました。
ちょっと反省…
ですが、今回も楽しい宴でした。
皆が揃って健康に正月を迎えられる事が、
何より嬉しく思います。

2020010210541276d.jpeg

20200102105607836.jpeg

20200102105506c80.jpeg



本年も皆様のご健勝を祈念申し上げます

令和二年 初春

2019.11.16 但馬 安国寺
早速ですが…
昨日ゆっくりと下道で鹿野に移動しました。
以前から行ってみたかった 安國禅寺 。
この時期にはメディアでよく見かける、
見事なドウダンツツジで有名な豊岡のお寺です。

今まさに見頃を迎えているようです。

20191116082719088.jpeg

201911160828111cb.jpeg

201911160828466cf.jpeg

20191116082955436.jpeg


とても綺麗でしたので、取り急ぎ速報で!
皆様是非この週末にどうぞ!!

立冬を迎え日毎深む樹々の装い。
朝晩の肌寒さに移ろう季節を感じます。
閃光と共に遠雷が轟く晩秋です。


未だに風邪の鼻水がグズっています。
なかなかしつこいデスね。
皆様くれぐれもご用心くださいませ。

ではでは四国紀行で一の宮の合間として、
今回はホテルをご紹介致します。

一の宮詣りで香川と高知を巡り、
仁淀川からは山々を越え西条に抜けて、
今治からしまなみ海道を北上しました。
因島から5分ほどのフェリーに乗って、
明るいうちに着いたのが今宵の宿。
小高い海辺に建つ小さなホテル、
インランド シー リゾート フェスパ さんです。

20191111121746211.jpeg

20191111121836b52.jpeg

20191111121958aba.jpeg


相方の希望で二階の角部屋を予約してました。

20191111122214482.jpeg

20191111122254743.jpeg

20191111122131db1.jpeg


海を眺めながらジャグジーが楽しめます。
開放感たっぷりの気持ち良いお部屋です。
曇り空で夕焼けは期待出来なかったので、
早めの晩ご飯を頂くことにしました。

20191111122415255.jpeg

20191111122505681.jpeg

201911111225480b6.jpeg

201911111226235ab.jpeg

20191111122808a2a.jpeg

2019111112284678d.jpeg

20191111122925f1f.jpeg

201911111229566d5.jpeg


こちらの晩ご飯もボリュームたっぷり!
瀬戸内の美味を堪能させて頂きました。
日本海や太平洋とはまた違う魚の美味しさ。
ホント、日本は山海の食に恵まれ豊かな風土です。
各地で出逢う味わいは、旅の歓びですね。

晩ご飯の後に相方は夜ジャグジーを、
僕は大浴場の露天風呂を満喫致しました。

20191111123117af3.jpeg

20191111123214a00.jpeg

20191111123338245.jpeg

20191111123423040.jpeg


翌朝に早起きして僕は朝ジャグジーを、
相方は朝の露天風呂を愉しんだようです。
朝ご飯はシンプルな品々でしたが、
海を見ながら美味しく頂きました。
繁忙期や週末はビュッフェ式になるみたいですよ。

イイ天気になり気持ち良くチェックアウト。
ゆるやかなひとときを過ごせました。
フェスパさん、ありがとうございました。
小さな島の優しい静かなホテル、
僕達のお気に入りリストに追加決定です。
しまなみ海道に行かれる際にはオススメです!

ここから最終日は伊予の一の宮へ。
旅の続きは次回に紹介させて頂きますネ。


今週の金曜日に鹿野に移動します。
時間があるので今度も下道ドライブします。

紅葉が愛でられることを期待して…